エッチな美女コンパニオンが男の宴会を盛り上げる!

電話で呼ぼう

参加者は、精力満点で騒ぐ気マンマンの男だけ。そんな大宴会を敢行するとき、幹事さんがまずやるべきことは、会場を抑えること。
そして男だらけの宴会には欠かせないコンパニオンを調達すること。この二つのことは、同時に行うのが良いでしょう。
コンパニオンは、電話予約をすることで呼ぶことができます。日にちを伝え、時間を指定し、人数を指定します。宴会場と一緒に押さえるべきだと書いたのは、電話予約はなるべく早く行う必要があるからです。基本的にコンパニオンの受付は「当日」というのはなかなか難しいものです。あらかじめ日を設定しておかなければ、人数の調整もうまくいきません。また、コンパニオンと言っても無限に湧いてくるわけではなく、特に宴会シーズンの年末や春先などは、早めに連絡しておかなければコンパニオンの「空き」がないということにもなりかねません。
せっかくの楽しい大宴会が、電話が遅れたおかげでホントの意味で「男だけ」のむさくるしいだけの宴会になってしまう可能性があります。それを避けるためにも、ぜひ計画を立てたらすぐ連絡するつもりでいる必要があります。
ちなみに、コンパニオンの「指定」は、基本的にはできないというのが一般的です。コンパニオンは「来たときのお楽しみ」となっているのが一般的です。ただし、電話の際にどんな女の子がいいか好みを伝えることができます。年齢層や体型などはあらかじめ指定できます。幹事さんはまず、「みんなの好きな女の子のタイプ」を聞くところから始めるべきなのです。